本物をも凌駕するワークブーツとして日本を代表するロンウルフ。その製法はタフな製品には欠かせない、グッドイヤーウェルト製法を採用。熟練した専門知識の豊富な職人によって、一足ずつ丁寧に作りこまれる。これらの一つ一つはオールドスタイルの雰囲気をより一層醸し出すのに一役買っている。履き心地も良く吸排湿性にも優れており、長時間履いても疲れにくいというワークブーツ選びでは要チェックしたい部分もカバー。ヴィンテージを越える、本格ブーツが現代に蘇る。

4枚構造のカウハイドアニリン仕上げのヒールは、高級靴の証。つま先に付くマッドガードは取り外しが可能。